1. ホーム>>
  2. ゴルフ場ニュース

滋賀ゴルフクラブ【滋賀県】 最新ニュース

消して
2017/07/28
名義書換再開及び名義書換料改定のお知らせ
【再開及び改定実施日】
平成29年8月1日〜
【名義書換料】
■正会員 500,000円 → 200,000円(税別)
■平日会員 300,000円 → 100,000円(税別)
[相続・譲渡(3親等内)]
■正会員 300,000円 → 100,000円(税別)
■平日会員 100,000円 → 50,000円(税別)
[同一法人内]
■正会員 300,000円 → 50,000円(税別)
■平日会員 30,000円(税別)
[同一登録者(個⇔法)]
■正会員 50,000円(税別)
■平日会員 30,000円(税別)
2017/03/02
更生計画認可決定されました。
(株)滋賀ゴルフ倶楽部は、PGMグループをスポンサーにする会社更生計画案が、平成28年2月28日付けで東京地裁から更生計画認可決定を受けた。
2016/11/14
PGMグループが支援表明
この度、(株)滋賀ゴルフ倶楽部の会社更生手続きでのスポンサー契約に、PGMホールディングス(株)の子会社、パシフィックゴルフプロパティーズ(株)が、平成28年11月10日に締結したと発表。
同社の更生手続きは、『ゴルフ場においてDIP型で再生手続開始決定がなされた初めての案件で、今後はパシフィックゴルフプロパティーズ(株)の支援の下、12月上旬に債権者の同意を得られるような更生計画案を裁判所に提出する予定』としている。
2016/07/01
名義書換を停止いたしました。
【名義書換停止日】
平成28年6月20日〜 
2016/06/21
会社更生法の適用を申請
且賀ゴルフ倶楽部(滋賀県甲賀市水口町嶬峨字大谷1115−1、代表中島壽博氏他1名)は、6月20日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同日付で保全処分並びに監督命令および調査命令を受けた。
申請代理人は西村國彦弁護士(東京都千代田区内幸町1−1−7、さくら共同法律事務所、電話03−5511−4400)ほか4名。
監督委員兼調査委員には多比羅誠弁護士(東京都中央区銀座8−9−11、ひいらぎ総合法律事務所、電話03−3573−1578)が選任されている。
近年は景気低迷の影響を受け、来場客数の減少を余儀なくされ、こうしたなか、債権者に対する預託金の返還および別除権協定に基づく弁済を行ってきたものの、資金繰りが悪化するなか、このまま預託金返還や債権の弁済に応じると早期に資金繰りが困難となるため、会社更生手続きにより再建を目指すこととなった。
負債は債権者約1200名に対し約39億8800万円。
なお、今回の会社更生手続きは現経営陣が従前通り経営を継続する形式(DIP型)で進める予定で、今後はスポンサー企業をつけて立て直しを図る意向。 
なお、現状は名義書換は継続し停止はしない。(6/21現在)
2014/01/09
年会費改定のお知らせ
平成26年1月1日より以下の通り年会費を改定いたしました。
【年会費※税別】
■正会員[個人・法人] 42,000円
■平日会員 27,000円
2013/02/26
名義書換料の値下げ期間を継続しております。
【適用期間】
平成24年1月1日〜平成25年3月末日
【名義書換料】
■正会員 525,000円 → 350,000円(消費税込み)
2012/08/20
新規会員を募集
開場35周年を記念して正会員の追加募集を開始しました。
【実施期間】
平成24年8月11日 〜 平成24年12月31日
※定員になり次第締切
【募集要項】
■正会員 35口
■募集金額 45万円(消費税込み)
■入会資格
年齢20歳以上で理事会において承認された方
※個人・法人・婦人いずれも可
■年会費
25,200円(消費税込み)
2012/02/03
名義書換料を改定されております
平成24年1月1日より書換料が値下げされております。
【適用期間】
平成24年1月1日〜12月末日
【名義書換料】
■正会員 525,000円 → 350,000円(消費税込み)

PAGE TOP