Home千葉県のゴルフ場千葉国際カントリークラブ

千葉国際カントリークラブ

297-0231

千葉県長生郡長柄町山之郷754-32

電話:0475-35-1562 FAX:0475-35-3128

本日の相場情報(年会費を除く金額は単位:万円)
会員権種別 売り相場 買い相場 名義書換料 預り金 年会費
正会員 ご相談 ご相談 25 30,000
平日会員[土可] ご相談 1 25 15,000

紹介者::正会員1名(在籍5年以上・実印)
法人制限::法人⇔個人
その他::面接あり

横スクロールできます。↑↑
入会書類
印鑑証明書(6ヶ月以内法人は法人用のみ)
写真2枚(3x2.4cm内1枚は入会申込書に貼付)
譲渡書類
印鑑証明書(6ヶ月以内法人は法人用のみ)
相続:『相続における同意書』・被相続人の戸籍謄本・
改正原戸籍等の相続人を確定できる謄本類・全相続人の印鑑証明書

書類一式を会員課へ提出(書留郵送可)⇒入会資格審査を実施(ゴルフ場にて面談あり)⇒審査結果を譲受人へ通知(入会承認の場合は書換料請求書を同封)⇒書換料入金⇒入金確認後に会員登録(この時点で会員としてプレー可)

コースガイド基本情報
開場日: 1968/11/23 休 日:
ホール: 45 H Par 180 16,713 yard  レイアウト: 丘陵コース
設 計: 浅見緑蔵 用地面積: 231万平方メートル
ハウス設計: 木村建築設計事務所 ハウス施工:
ハウス面積: 5432平方メートル グリーン: ベント・コーライ
練習場: 210Y15打席 加盟団体: JGA・KGA
コース概要: 桜は赤松と杉で各ホールをセパレート。ゆるやかな起伏が各ショットを難しくしている。竹はミドルに長めのものが多く、ティショットの長打を要求する。松は打上げうち下ろしブラインドと変化に富む
プレースタイル: キャディ付又はセルフ 乗用カート
予約方法: 平・土は会員の紹介がなくてもよい。18Hの貸切りも可。平日の予約は2カ月前の同日10時から。土曜の予約は2カ月前の同日10時から。日・祝は予約状況による。
スパイク使用:
クレジット: 未加盟
宿泊施設:
送迎バス: 予約制(3日前迄) JR蘇我駅東口 7:20 8:00 約45分。
名古屋IC料金所を出て最初の本郷交差点を左折。約3㎞の梅森坂交差点を直進。歩道橋を過ぎ牧野ヶ池緑地交差点を右折しコースへ。東名阪自動車道からは上社ICの料金所を出て直進、約2㎞先の高針橋東交差点を左折、約1㎞先の梅森坂交差点を右折してコース。
このコースの最新情報
【2018/07/13】 年会費改定及び会員補充募集のご案内
【年会費改定日】 平成31年1月1日[平成31年度分]より 【年会費】 ■正会員 30,000円 → 36,000円(税別) ■平日会員 15,000円 → 18,000円(税別) ■無記名会員 40,000円 → 48,000円(税別) ■無記名平日会員 20,000円 → 24,000円(税別) 【正会員募集要項】 □募集期間 会員紹介募集:平成30年7月1日より 一般募集:平成30年9月1より □募集会員及び募集口数 正会員(個人・法人1名記名式)200口 □募集金額 1.会員紹介募集:25万円(税別) 2.個人会員の三親等内親族、法人会員の追加:20万円(税別) 3.一般募集:30万円(税別) 4.複数同時入会、女性入会、PGMグループ会員:25万円(税別) ※全て募集金額は入会金です。 【年会費】 平成30年度:30,000円(税別) 平成31年度:36,000円(税別) ※初年度は入会月の翌月から12月までの月割納入 【預託金充当制度】 個人会員の三親等内親族、法人会員の追加の場合は既存会員の預託金を入会金に充当可。 【会員紹介には謝礼】 会員紹介により入会した場合:紹介会員へ、1口につき商品券(同クラブでのみ利用可能)1万円分を進呈。
【2015/12/24】 名義書換再開のお知らせ
【再開日】 平成28年4月1日より 【名義書換料】 ■正会員 250,000円(税別) ■平日会員 250,000円(税別) 【年会費】 ■正会員 30,000円(税別) ■平日会員 15,000円(税別)
【2015/09/17】 パシフィックゴルフプロパティーズが全株式を取得
(株)千葉国際カントリークラブは今年6月10日に民事再生計画認可、7月7日認可確定、9月1日にPGM子会社のパシフィックゴルフプロパティーズ(株)が(株)千葉国際カントリークラブの全株式を取得した。
【2015/01/14】 民事再生法の適用を申請
㈱千葉国際カントリークラブ「千葉国際カントリークラブ」(武田清久代表取締役、千葉県長生郡長柄町山之郷754の32)が平成27年1月9日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。 申請代理人は熊谷信太郎弁護士と石島正道弁護士(熊谷綜合法律事務所、℡03-3597-0013) 監督委員には小林克典弁護士(麹町パートナーズ法律事務所、℡03-3234-2941)が選任。 なお会社側では会員向け説明会を1月15日に午後2時と午後6時に分けて日比谷公会堂で開く予定。 総負債額は56億9153万円となっている。 一方、同社が民事再生法の適用を申請した同日、PGMホールディングス㈱(田中耕太郎社長、東京都港区)は連結子会社のパシフィックゴルフプロパティーズ㈱(田中社長)が㈱千葉国際カントリークラブの再生を支援するスポンサー基本契約を締結したと発表。